リノベーションとは│リフォームや建替えとの違い・メリット&デメリット徹底解説|ブログ|新潟市のリノベーション&リフォーム専門店テッドリノベーション

お電話でのご相談もお気軽に

025-282-7981

受付時間.9:30~18:00

  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ資料請求

スタッフブログTED RENOVATION(テッド リノベーション)のスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

リノベーション基礎知識新潟市のリノベーション専門店 リノベーションとは│リフォームや建替えとの違い・メリット&デメリット徹底解説

2020年12月10日更新

新潟市のリノベーション&増改築リフォーム専門店「TED RENOVTION(テッドリノベーション)」です。

 

今日は「リノベーションとは」についてお話させて頂きます。

 

今後、実家や今のお住まいのリフォームをお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

リノベーションとリフォームの違い

✔リノベーションとは

リノベーションとは、築年数が古くなった既存の住宅に大規模な改修工事を行うことで、内外装の見た目を綺麗にすることに加え、耐震性能や断熱性能などの性能を向上させ、まるで新築によみがえらせることをいいます。

リノベーションとは

リノベーション(renovation)は「革新、修復」を意味します。リフォーム(reform)がマイナスの状態をゼロに戻すための“回復”を意味しているのに対し、リノベーション(renovation)はゼロに戻した上で、プラスαの“価値を付け足す”ことを意味します。

 

そのため、リノベーションでは、使い勝手の悪い間取りの利便性を上げ広々LDKを実現したり、耐震補強や断熱材の入れ替えなどでお家全体の性能を向上させたり、内外装をまるで新築のようにデザイン性の高い空間に変えることが可能となります。

 

近年では、住み継いだ実家を自分たちのライフスタイルに合わせた間取りやデザインへリノベーションすることの人気が高まっています。

 

✔リフォームとは

一方で、リフォームとは老朽化した住宅を元の状態に近づけることをいいます。

 

リフォーム(reform)は、マイナスの状態のものをゼロに戻すための“回復”という意味になります。たとえば、外装の塗り直しやキッチン等の設備交換、クロスの張り替えなどがリフォームにあたります。

 

✔リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い

上記のとおり、「リノベーション」と「リフォーム」の意味合いはまったく異なります。特に「工事の規模」と「工事の内容」にその違いがあります。では、両者の違いについて詳しく見ていきたいと思います。

 

工事の規模

「リフォーム」は設備の交換や、クロスの張り替えなど、比較的小規模な工事を指します。

 

一方で、「リノベーション」は既存の住宅を解体し、構造のみを残す“フルスケルトン”状態にした上で、間取り変更や耐震・断熱工事などの大規模な改修を行う工事を指します。

 

そのため、リノベーションは、部分的な改修を行うリフォームに比べて工事規模が大きいのが特徴となります。

 

工事の内容

「リフォーム」では、表面上の見た目を綺麗にするのみに限られるのに対して、「リノベーション」では、ふだん目に見えない壁の中や床の下の補強を行うことに加え、住み心地良い空間を実現するために生活導線の改善や収納性の向上を行うことができます。

 

リノベーションとリフォームのメリット・デメリット比較

リノベーションにはさまざまなメリットとデメリットがあります。これらをきちんと把握した上で、リノベーション専門店にご相談されることをオススメします。

 

✔リノベーションのメリット

1.生活スタイルに合わせた空間を自由設計できる

リノベーションでは、住み継いだ実家などの古き良き部分を残した上で、自分たちの生活スタイルに合わせた空間に変えることができます。

 

内外装を一新し見た目を綺麗にするだけではなく、使い勝手の悪い間取りを変更し家事導線を改善したり、お客様の好みに合わせたデザインに設計することができます。

 

TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、一級建築事務所と連携しプランニングを行わさせて頂いております。そのため、お客様のご要望や夢を最大限叶えることができます。

 

2.新築を建てる・建替えよりお得にできる

TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、定額制(坪単価制)を採用しており、1坪あたりの金額を設定しております。

 

新潟市で新築を建てる・建替えをするとなると、おおよそ坪70万円するのに対して、リノベーションでは坪48万円(標準仕様の場合)で家一軒まるごとリノベーションを行うことが可能です。

 

つまり、坪30坪のお家の場合、建替えると約2100万円かかるのに対して、リノベーションでは約1440万円でまるで新築のお家を手に入れることができるということです。

 

リノベーションは、新築や建替えの約65%の費用でできることが大きなメリットになります。

 

3.住宅の性能を高め安心で快適な住まいを実現できる

よく「築年数が古い家でもリフォームで大丈夫?」「地震が起こっても壊れない?」というお声を頂きます。

 

リノベーションでは、構造(骨組み)状態にまで解体し、耐震補強と断熱材の入れ替えを行うことで、耐震性能・断熱性能を新築同等基準まで上げることができます。

 

TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、新築と同等基準になるまで耐震補強・断熱補強を行うことが標準仕様となっておりますので、お客様には安心して快適なお住まいを実現して頂けます。

 

✔リノベーションのデメリット

1.劣化が激しい場合、改修に追加で費用がかかる場合がある

たとえば、既存住宅の骨組みや家を支える重要な柱がシロアリに食べられていたり、雨漏りにより腐っているなどのケースがあります。その場合、その部分を解体し、新しい部材に入れ替える必要がありますので、追加で解体費と部材費、工事費が発生します。

 

このようなイレギュラーは、実際にお家を解体したからでないと分からない部分になるので、解体後にこのような工事が追加で必要となるケースがあることがデメリットになります。

 

TED RENOVTION(テッドリノベーション)では、できる限り解体後のイレギュラー発見が起こらないようにするために、事前の建物診断調査を徹底して行っております。弊社では、無料で建物診断調査を実施しておりますので安心してご依頼ください。

 

2.リフォームに比べて工事期間が長いため入居までに時間がかかる

リノベーションは、大規模な改修になるため、着工(工事開始)から完工までだけでも約3~4ヵ月程度かかります。また、その前に建物診断調査やプランニング等の打ち合わせ期間もいれると、約2カ月程度余裕を見ておく必要があります。

 

リノベーション工事中は仮住まいが必要なケースが多くありますので、工事期間中の住居費がかかることもデメリットと言えます。

 

✔リフォームのメリット

1.リノベーションに比べて工事費用が安い

耐震・断熱性能の向上や間取り変更を伴わない、見た目を綺麗にするだけのリフォーム工事であれば、工事の難易度も低く、また工事に係る期間も短くてすむため、工事費用を安く抑えることができます。

 

また、リノベーションと違い、リフォームは住みながらの工事が可能であるため、仮住まいにかかる費用や引っ越し費用が必要ありません。

 

✔リフォームのデメリット

1.間取り変更などの大規模なデザイン変更ができない

リフォームは、あくまで“原状回復”を意味しており、今ある状態のまま最大限綺麗に見せることしかできません。間取り変更のようにお家の構造部分にまで関わる工事はリフォームでは行うことができません。

 

2.耐震補強や断熱補強ができない

リフォームの場合、見た目を綺麗にすることしかできず、耐震補強や断熱補強まで行うことはできません。ですので、築年数が古い家の場合、地震による倒壊の恐れや暖房をつけていても寒い、すきま風がひどいといった住まいの住環境を改善することはできません。

 

3.既存のテイストや色味に合わないことがある

部分的なリフォームの場合、既存のテイストや色味に合わせなければ全体的なバランスが取れないため、部分的にお客様のご要望に応じたテイスト・色味で施工した場合、バランスの悪いテイストや色味になる可能性が高くなります。

 

TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、一級建築事務所と連携し、インテリアコーディネーターも合わせて全体のテイストや色味のバランスが悪くならないようにアドバイスをさせて頂きますのでご安心ください。

 

リノベーションとリフォームの費用比較

リノベーション・リフォーム・建替え費用比較表

では次に、気になる費用を比較してみましょう。実は、同じ坪数の工事面積をリノベーション・リフォームする場合、金額にさほど差がでないことが上の表から分かると思います。

 

工事面積を30坪と想定した場合の費用の差額はわずか「380万円」です。この金額で、耐震性が高まり安心な家になり、また断熱補強で冬でも暖かい快適な家になり、年間の光熱費が抑えられると考えると、決して高い金額ではないのです。

 

TED RENOVATION(テッドリノベーション)の断熱補強では、断熱等級4相当まで上げさせていただくことで、年間の光熱費が約10万円節約できるというシュミレーション結果が出ています。これからさらに何十年と住み続けることを考えると、金銭面で見ても耐震・断熱補強をしておく方がお得であると言えます。

 

リノベーションの流れと工事期間の目安

TED RENOVATION(テッドリノベーション)のリノベーションは以下のようなステップで進んでいきます。

リノベーションの流れ

1.リノベーション展示場見学(無料)

・・・新潟市で唯一のリノベーション展示場で劇的なビフォーアフターを体感して頂けます。

 

2.家づくりカフェ(無料)

・・・「間取りはどこまで変えられるの?」や「資金計画はどのように立てるといい?」、「建替えかてリノベーションかどちらがお得?」など、よくご質問頂く内容にお答えし、失敗・後悔しないためのリノベーション勉強会にご参加ください。

 

3.住まい建物調査診断(無料)

・・・まずはお住まいの健康診断。現状を把握し、どこを改修すべきかを調査致します。TED RENOVTION(テッドリノベーション)では調査後に調査報告書にまとめお渡しさせて頂きます。(>>建物診断のお申込みはコチラ<<

 

4.調査ご報告・ご要望ヒアリング(無料)

・・・お住まいの調査結果を診断報告書にまとめご説明させて頂きます。また、既存図をもとにお客様のご要望をヒアリングさせて頂きます。

 

5.初回プランニング・お見積り(無料)

・・・お客様のご要望をもとに一級建築事務所と連携し、理想に近しいプラン図を作成させて頂きます。また、そのプランの場合、おおよそいくらのリノベーション費用がかかるのかをお伝えさせて頂きます。TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、ここまですべて無料で対応させて頂いております。

 

6.プラン申込

・・・プラン申込とは、詳細プランと詳細見積りを出させて頂くにあたってのお申込み制度になります。こちらにお申込みいただくとお住まいの耐震診断と断熱診断を行わさせて頂き、適切な耐震補強・断熱補強の計画を立てさせていただきます。こちらも建物調査診断と同様に、耐震診断報告書・断熱診断報告書にまとめご説明させて頂きます。

 

7.詳細打ち合わせ~ご契約<約1ヵ月>

・・・詳細打ち合わせを行い、設備や色決めなどを行っていきます。実際にメーカーのショールームへ一緒に伺うなど、TED RENOVATION(テッドリノベーション)と二人三脚で理想のお住まいへと近づけていきます。

 

8.着工~完工<約3~4ヶ月>

・・・ご契約後、着工しまずは解体から始まります。解体後、お客様も含め現場の構造の状態を確認して頂きます。また、工事内容の最終確認を行った後に本格的なリノベーション工事に入っていきますので安心してお任せください。完工後からお引渡しまで気を緩めずに取り組んでまいります。

 

リノベーションを行う上で、契約や工事にかかる時間は非常に重要なポイントです。なぜなら、リノベーションを行う場合、改修工事期間中は別のお住まいに引っ越す必要があり、工事期間の長さにより生活費が変わってくるからです。

 

また、リノベーションを行うお家の大きさや工事規模により、改修に必要な工事期間が異なるため、もし住み始めたい希望日がある場合は引き渡しまでに要する期間をあらかじめ把握しておく必要があります。

 

>>詳しくはこちら<<

 

リノベーションと建替えの違い

✔建替えとは

建替えとは、既存住宅をすべて解体し、更地にした上に新築を建てることをいいます。

 

✔リノベーションと建替えの違い

リノベーションは既存住宅の中でまだ使える部分を再利用し、古き良き部分を継承しつつ、見た目や性能をまるで新築同等基準にまで上げるのに対して、建替えはすべて解体し、新たに新築を建てることをいいます。

 

この2つの大きな違いには「解体の範囲」と「建物の状態による制限」にあります。では、両者の違いについて詳しく見ていきたいと思います。

 

解体の範囲

建替えはすべて解体し更地にしてしまうのに対して、リノベーションは既存の使える部分を残すため、解体範囲と解体費に差が出ます。もちろんすべてを解体する建替えの方が解体費が高くなります。

 

建物の状態による制限

実は、建替えた場合に“制限”がかかるケースがあります。たとえば、隣の家と密接している場合(再建築不可物件)、現在の法律上、建替えにより同じ大きさの家を建てることができない可能性があります。

 

また、リノベーションをしたいと考えていても、家屋の状況(柱が腐っているや家が傾いているなど)によってはリノベーションできない物件の場合もあります。

 

どちらに該当するのかを知るためにも、まずは信頼できる建築のプロに建物診断調査をご依頼することをオススメします。

 

リノベーションと建替えのメリット・デメリット比較

リノベーション・建替えのメリット・デメリット比較

✔リノベーションのメリット

1.使える部分を再利用することで費用を抑えることができる

リノベーションでは、使える部分を再利用することで解体費用や基礎工事費用を抑えることができます。建替えと比べて約65%の費用でまるで新築のようによみがえらせることができます。

 

2.固定資産税が上がらない

リノベーションによりまるで新築のように見た目も性能も一新したとしても、新築ではないため、築年数は変わりません。よって、固定資産税が上がらないことも嬉しいメリットの1つです。

 

3.古い建物の良さ・実家の思い出を残すことができる

リノベーションでは、昔ながらの良さやヴィンテージ感を残したり、実家で家族と暮らした思い出を形に残すことができます。弊社にも「受け継いだ実家の思い出を残したい」というお声をたくさん頂きます。古き良き思い出を残しながらも、自分たちの生活スタイルに合わせた新しい住まいを実現するならリノベーションがオススメです。

 

✔リノベーションのデメリット

1.建替えに比べると自由度が制限される

リノベーションは、あくまで既存の状態を残し改修を行うため、建物の構造上、どうしても抜けない柱が出てきます。ですので、建替えと比較すると間取りの自由度は劣ります。

 

TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、構造上抜けない柱にもデザインを加え、お洒落な装飾として見せることも得意としております。

 

✔建替えのメリット

1.リノベーションに比べて間取りの自由度が高い

建替えは既存住宅を解体後、新築を建てるため、注文住宅を建てる場合はリノベーションよりも間取りの自由度が高くなります。一方で、リノベーションと費用が変わらないとしても、ローコスト住宅など、あらかじめ間取りがある程度決まっている新築を建てる場合は、リノベーションよりも間取りの自由度が劣るケースもあります。

 

✔建替えのデメリット

1.リノベーションと比較すると費用が高い

建替えの場合、既存住宅をすべて解体するため、解体費用や新たに基礎を作るための工事費用などが余計にかかります。また、「新築」となるため、固定資産税が上がり、毎年支払う税金の金額も上がります。

 

2.家のサイズが小さくなる場合がある

たとえリノベーションと同じ費用で建替えができたとしても、多くの場合は既存の家のサイズよりも一回り小さいサイズの新築しか建てることができません。

 

3.1階のLDKが狭くなる場合がある

たとえリノベーションと同じ費用で建替えができたとしても、多くの場合は総二階(1階と2階の大きさが同じ)の家になります。そのため、もともとの家の形状が部分二階(1階が大きく、2階が小さい)の家だった場合、1階が狭くなるため、広々としたLDKスペースを確保することが難しくなります。

 

リノベーションと建替えの費用比較

リノベーション・リフォーム・建替え費用比較表

では次に、気になる費用を比較してみましょう。同じ延床面積30坪の家を建替えた場合(注文住宅)とリノベーションをした場合を比較すると、建替えが坪70万円に対して、リノベーションは坪45.3万円と大きな差が生じます。

 

その大きな要因には、「解体費」と「基礎工事費」、「木工事」、「外壁・屋根工事」にあります。リノベーションでは、既存の状態で使える部分を再利用するため、建替えと比べると解体範囲が狭まります。また、基礎を一からやり直すこともしないため、余分な工事費用を抑えることができます。

 

このように建替えの約65%の費用でリノベーションを行うことができます。築年数が古いお家であってもリノベーションにより耐震や断熱等の性能を向上させ、自分たちの生活スタイルに合わせた空間を実現することができます。

 

建替え・リノベーションそれぞれのメリットとデメリット、費用をきちんと比較し、また今後の人生の資金計画をきちんと立てた上でどちらを選択すべきか判断することをオススメします。

 

TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、お客様のお家の場合、建替えorリノベーションどちらが最適かを一緒に考える相談会も実施しておりますので、ぜひご家族皆さまでお越しください。

 

>>詳しくはこちら<<

 

まとめ

建替えの約65%の費用でまるで新築に大変身リノベーション!

1.築年数が古い家でもまるで新築によみがえる

築年数が古い家でも、リノベーションなら耐震・断熱補強で性能を向上させ、安心で快適な住まいへと変えることができます。また、使い勝手の悪い間取りや家事導線も大幅な間取り変更により改善し、自分たちの生活スタイルに合わせた空間を実現することができます。

 

リフォームではできない性能向上に加え、建替えや新築と何ら遜色ない自由設計ができることが、リノベーションの魅力ですね。

 

2.建替えの約65%の費用で実現できる!

既存の使える部分を再利用することで建替えの約65%の費用でリノベーションを行うことができます。また、リノベーションの場合、築年数が変わらないことで固定資産税も上がりません。さらには断熱補強により、年間の光熱費も抑えることができ、非常にエコでお財布にも優しい住まいづくりを行うことができます。

―――――――――――――――

ここまでご覧いただきいかがでしたでしょうか?リノベーションとリフォーム・建替えの違いやメリット・デメリットについてご理解頂けましたでしょうか?

 

TED RENOVATION(テッドリノベーション)では、新潟市で唯一のリノベーション展示場を保有し、リノベーションによる劇的なビフォーアフターを体感いただくことができます。

 

今後、実家や今のお住まいをリノベーションしたいとお考えの方は、今後の参考にまずはリノベーション展示場へお越しください。

 

>>詳しくはこちら<<

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

―――――――――――――――

新潟市の戸建リノベーション専門店「TED RENOVATION(テッドリノベーション)」。

“新築以上の感動を”をコンセプトに、品質は新築・価格は半額への挑戦を続けています。

耐震・断熱リノベーションだけでなく、実家二世帯に応じた間取り変更や増築、減築、バリアフリーリフォームも承ります。

【最新リノベーションイベントはこちら】
https://ted-renovation.com/event/

【リノベーション展示場🏠見学はこちら】
https://ted-renovation.com/modelhouse/4368/

【🔰まずは資料請求はこちら】
https://ted-renovation.com/request/

【リノベーション施工事例はこちら】
https://ted-renovation.com/works/