バリアフリーについて~ポイント 階段・居室編~(担当:事務美)|ブログ|新潟市のリノベーション&リフォーム専門店テッドリノベーション

お電話でのご相談もお気軽に

025-282-7981

受付時間.9:30~18:00

  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ資料請求

スタッフブログTED RENOVATION(テッド リノベーション)のスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

住宅内事故家庭内事故高齢者実家リフォームバリアフリー新潟市 リノベーション新潟県 リノベーション新潟市 リフォーム新潟県 リフォーム作成途中 バリアフリーについて~ポイント 階段・居室編~(担当:事務美)

2021年11月26日更新

 

 

 

こんにちは!事務美です!✨

 

 

最近の暴風雨で身体が冷えてしまわないように、しっかりと寒さ対策をしてくださいね😲

 

寒くて寒くて常に布団に包まりたいなぁ…と思っている事務美です⛄💦

 

 

 


 

 

 

バリアフリー

 

 

 

バリアフリー(barrier-free)とは、対象者である障がい者を含む高齢者等が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語です。(参照:Wikipedia)

 

バリア(障壁)フリー(取り除く)にするという意味なのです。

 

 

 

今回は、以前の『バリアフリーについて~ポイント 玄関・廊下編~』に引き続き、バリアフリーについてのポイントについて説明していこうかと思います。

 

バリアフリーについて~ポイント 玄関・廊下編~(担当:事務美)|ブログ|新潟市のリノベーション&リフォーム専門店テッドリノベーション (ted-renovation.com)

 

 

 

 

 


 

 

 

 

以前にもお話したように、『65歳以上の高齢の方の事故は、実は7割以上家庭内で起きている』のです。

 

 

 

住み慣れた環境の自宅であっても、年齢を重ねるごとに少しの段差でつまづいてしまったりバランスを崩して転倒してしまう事もあるのです。

 

 

 

 

 

 

離れた場所で暮らしている方は、何かあった時にすぐに駆け付けられないことを不安に思われるかと思います。

一緒に暮らしている方でも、介護・介助がしやすいように住まいをリノベーションする方も増えています。

 

 

 

身体の不自由な方も、そしてその方を介護・介助する方にも快適で暮らしやすい環境を作っていくことが大切だと思っております

 

 

 

長年住まわれるお家、年齢を重ねるにつれて至る所に不安を感じることがあるかと思います。

高齢になり、身体が不自由になってからバリアフリーを検討するのでは、時間もかかりますし身体的にも不安かと思います。

その為、バリアフリーの早めの備えが必要なのではないでしょうか。

 

そして今現在、ご家族に高齢者や身体の不自由な方がいなくても、バリアフリーを意識して設けておくことでご家族の誰もが快適で暮らしやすい環境となるのです。

 

 

 

 

それでは、バリアフリーを設置するにあたってのポイントを解説していこうかと思います。

 

 

 

 


 

 

 

 

階段

 

 

身体の不自由な高齢者にとって、階段での事故重傷化しやすいため大変危険な箇所になります。

 

 

 

 

 

 

 

階段の寸法は、一定の基準が定められています。

 

 

蹴上:23㎝以下

踏面:15㎝以上

階段と踊り場の幅:75㎝以上

 

階段の1段分を蹴上といい、こちらを23㎝以下

階段で足を置く場所を踏面といい、こちらを15㎝以上

そして階段と踊り場の幅75㎝以上にする必要があります。

 

 

しかし、これは最低基準の数値となるので、実際に利用するとなると上り下りの困難な階段となってしまいます。

 

 

通常、上り下りのしやすい階段は『蹴上×2+踏面=60㎝』と言われています。

 

 

 

 

 

 

階段の形状直線状またはらせん状だと上り下りの困難な階段となります。

 

直線階段であると、階段の途中に踊り場がないため転倒した際に一番下まで転げ落ち、大怪我に繋がってしまうのです。

らせん階段であると、曲がりながら上り下りをしないといけないことや、踏面が三角形であり中心部に近いほど踏面が狭くなるため、足を踏み外してしまう危険があります。

 

 

 

 

バリアフリー住宅に最も適している形状の階段は、U字型階段だといえます。

 

上り下りの途中、踊り場で少し休憩することが出来ますし、万が一転倒した際に一番下まで転げ落ちる危険を回避できます。

その他にも、ちょっとした工夫で上り下りのしやすい階段にすることができます。

 

 

 

その他に、階段には様々な障壁があります。

・足元が暗い

・手すりがない

・滑りやすい床材

 

 

夜間に階段を使う際に、足元が暗く見えづらいと転倒してしまう危険があります。

そのため、足元ライトカラーテープ設置をすることで転倒のリスクを減らせます。

 

 

万が一転倒しても手すりをつかんで転落の防止にもな

どの形状の階段でも、つかまりやすい手すり設置をすることで上り下りの補助となります。